バツイチ婚活を始めてステップファミリーを目指そう
ロゴ

子連れバツイチでも婚活は成功する~再婚への道しるべ~

ステップファミリーとは

まだあまり浸透されていないステップファミリーという言葉は子連れ再婚の家族のことを言い、またステップファミリーによっても家族モデルが違ってくるものです。

ステップファミリーの家族モデル!「代替家族」と「継続家族」

代替家族

子連れ再婚に成功した人の多くが代替家族となっており、相手が実の親のように接することを指します。子どもが幼い場合、あまり実の親を認識していないということもあり、自然と代替家族モデルになるケースが多いと言えるでしょう。

継続家族

継続家族は子どもが小学生や中学生など親をしっかりと認識している場合に継続家族モデルになるケースが多く、再婚相手のことは第二の親として関係を持ちます。

バツイチ婚活を始めてステップファミリーを目指そう

手

バツイチを気にしない!

バツイチということで気にしてしまい、異性を避けてしまうと一生独身生活で終わってしまいます。今やステップファミリーのようにバツイチでも再婚する人は増えてきているため、少しでも結婚したいという願望があるのなら積極的に婚活を始めると良いでしょう。

男女

ステップファミリーになる前の注意点

バツイチ専用の婚活サービスを利用する場合、相手もバツイチということがほとんどです。バツイチ同士結婚に結び付きやすいという部分もありますが、ステップファミリーになる可能性も高いと言えるでしょう。自身、もしくは相手に連れ子がいる場合、交際までは自由ですが結婚となると徹底的な話し合いが必要になります。また、子どもの意思も尊重するべきですので、理想の相手を見つけてもすぐに結婚にいかずお互いによく話し合うようにしましょう。

良好な関係が築けるステップファミリーになる心得

カップル

話し合い・覚悟を決める

自身がバツイチで相手が初婚という場合は特に問題ないのですが、相手もバツイチとなるといずれはステップファミリーになる可能性が高くなってきます。ステップファミリーになるには色々な壁を乗り越える必要があるので、結婚をする前にまずは話し合いを重ねて覚悟を決める必要があると言えるでしょう。婚活を始めるにあたり、何に対しても覚悟は必要になります。

子どもとの時間を大切にする

自身の子ども、もしくは相手の子どもと一緒に過ごす時間を大切にすることが重要です。初対面で親になると言われても、子どもにとっては気持ちの整理がつかないですし、納得してもらうこともできません。そのため、いつかはステップファミリーになるのであれば、二人だけでのデートを重ねるだけではなく、子どもと一緒に過ごす時間を大切にしていくと良いでしょう。

焦らない

結婚もそうですが、親になることも焦らないことが大切です。焦っても空回りしたり、上手くいかなかったりするので時間をかけて良好な関係を築いていくと良いでしょう。また、自身が子連れで相手は子連れではない場合、子どもと良好な関係を築けるように懸け橋になってあげることも大切です。サポートがなければ相手が自信をなくしてしまい、結婚に至らず交際だけで終わってしまうこともあるので注意しましょう。

家族みんなで話し合う

再婚することができたとしても、今後も良好な関係を築いていかなければまた離婚ということにもなりかねません。そのため、無事に再婚できたと安心するのも良いですが、しっかりと家族みんなで話し合う場を設けるようにしましょう。そうすることで素敵な結婚生活を送っていくことができるでしょう。